トヨトミ 窓用エアコン 2021年モデル 3機種の違い

トヨトミ 窓用エアコン

トヨトミの窓用エアコンには、スタンダードモデル2種と人感センサー付きモデル1種があります。

2021年モデルの場合は

<スタンダードモデル>

  • TIW-A160L
  • TIW-A180L

<人感センサー付きモデル>

  • TIW-AS180L

となります。

それではこれら3機種の違いを詳しくみていきましょう。


スポンサードリンク

TIW-A160LとTIW-A180Lの違い

スタンダードモデルの「TIW-A160L」と「TIW-A180L」の違いは冷房能力です。

この両者の冷房能力及び畳数の目安は以下の通りです。

●「TIW-A160L」

冷房能力

  • (50Hz)1.4KW
  • (60Hz)1.6kW

畳数の目安

  • (50Hz)4~6畳
  • (60Hz)4.5~7畳

●「TIW-A180L」

冷房能力

  • (50Hz)1.6KW
  • (60Hz)1.8kW

畳数の目安

  • (50Hz)4.5~7畳
  • (60Hz)5~8畳

このように「TIW-A160L」よりも「TIW-A180L」の方が冷房能力が高いですが、それほど極端な差があるわけではありません。

まあ、4畳半で使用するなら「TIW-A160L」で十分、6畳間で使用するなら「TIW-A180L」にした方が良い、という感じですね。

TIW-AS180Lの特長

「TIW-AS180L」は「TIW-A180L」と冷房能力は同じですが、人感センサーが付いているところが特長です。

この人感センサーの働きは次のようになります。

1.人の動きが10分間ないと自動で省エネ運転に切り換わる

2.さらに50分間人の動きがないと自動で運転を停止する

3.運転停止から60分間以内に人の動きを感知すると自動で運転を再開する

この機能を使えば、省エネや切り忘れの防止に役立ちそうです。

ただ、この人感センサーが必要か不要かは人それぞれでしょうね。


スポンサードリンク

TIW-A160Lのメリット

「TIW-A160L」は他2機種よりも冷房能力が低く、人感センサーも付いていませんが、他2機種にはないメリットを持っています。

それは運転音が静かであることです。

今回紹介している3機種にはいずれも防音設計が施されているのですが、以下の様な違いがあります。

  • TIW-A160L 4層防音
  • TIW-A180L 3層防音
  • TIW-AS180L 3層防音

で、実際の運転音はというと

<50Hz時の音圧レベル>

  • TIW-A160L 39dB
  • TIW-A180L 44dB
  • TIW-AS180L 44dB

となります。

こうしてみると「TIW-A160L」が他2機種よりも静かであることが分かりますね。

なるべく静かな窓用エアコンが欲しい!という方は、是非このことを憶えておくと良いでしょう。

まとめ

今回の記事をまとめると次のようになります。

  • 冷房能力では2つのタイプに分かれる
  • 人感センサー付きモデルはひとつだけ
  • 「TIW-A160L」は他2機種よりも音が静か

あとは貴方がどのモデルを選ぶかです。

この夏を快適に過ごせるように、貴方にとって最適なモデルを選んで下さい。

●楽天市場で選ぶ

トヨトミ 窓用エアコン(楽天市場)

●ヤフーショッピングで選ぶ

トヨトミ 窓用エアコン(ヤフーショッピング)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加