電動かき氷器 ドウシシャ DTY-B1とToffy K-IS8を比較する

ドウシシャ 電動かき氷器

ドウシシャの「電動ふわふわとろ雪かき氷器」シリーズは、毎年暑い季節になると大人気となる商品。

今年もその2021年モデル「DTY-B1」の売れ行きは好調のようです。

その一方で、株式会社ラドンナのブランド「Toffy」の「電動ふわふわかき氷器 K-IS8」も中々の人気。

電動かき氷器

こちらの「Toffy」は、ちょっぴりレトロで可愛らしいデザインが魅力的。

そんなわけで、「ドウシシャ」と「Toffy」で悩んでいる方も多いかも知れませんね。


スポンサードリンク

ドウシシャ DTY-B1とToffy K-IS8に共通な特長

ドウシシャの「DTY-B1」もToffyの「K-IS8」も、氷を削る刃の高さを調整できるため、薄くてフワフワとしたかき氷を作ることが可能です。

さらにこの両機種には

  • 台湾風かき氷も作れる
  • 冷凍フルーツも削れる

という特長があります。

つまり、この両機種は普通のかき氷だけでなく、様々なタイプのかき氷メニューも作れるというわけです。

と、ここまでは「DTY-B1」も「K-IS8」もあまり変わりませんが、実はお互いに相手の持っていない特長があるんです。

ドウシシャ DTY-B1はマーブルかき氷が作れる!

ドウシシャの「DTY-B1」には、標準の製氷カップの他に、ハーフ製氷カップが2セット付いています。

このハーフ製氷カップでそれぞれ別の氷を作れば、2色の氷を同時に楽しめるマーブルかき氷を作ることができます。

Toffyの「K-IS8」には標準の製氷カップしか付いていませんので、今の所マーブルかき氷が作れるのはドウシシャの「DTY-B1」だけであるといえそうです。

このマーブルかき氷を是非作ってみたい!という方は、ドウシシャの「DTY-B1」を選んだ方が良いでしょうね。


【土日祝もあす楽】【製氷カップのオマケ付き】Otona オトナ 電動ふわふわとろ雪かき氷器 2021年最新モデル DTY-B1BK DTY-B1GR / とろ雪 かき氷器 電動ふわふわ 家庭用 電動 専用レシピ付き ドウシシャ 夏物家電 お家時間 プレゼント 母の日 父の日

Toffy K-IS8はバラ氷も使える!

ドウシシャの「DTY-B1」の商品概要には「バラ氷は使用できません」とありますが、Toffyの「K-IS8」ならバラ氷を使ってもかき氷を作ることが出来ます。

この「バラ氷も使える」というのは、けっこう大きなメリットです。

例えば、「かき氷を食べたい時に専用カップの氷がまだ完成していない」なんていう場合でも、バラ氷を使えばかき氷を作れてしまうわけです。

これは嬉しい!

ただし、バラ氷を使った場合はふわふわサラサラのかき氷ではなく、粗目のシャリシャリなかき氷になります。

まあ、食べれないよりかはマシかな・・・


Toffy 電動ふわふわかき氷器 K-IS8 / 電動ふわふわ かき氷器 かき氷機 かき氷 toffy トフィー 電動 おしゃれ ふわふわ 冷凍フルーツ キッチン パーティー レトロ お家時間 プレゼント ギフト 母の日 父の日 夏物

ドウシシャ DTY-B1とToffy K-IS8のデザイン

ドウシシャ「DTY-B1」のデザインには、スマートでオシャレな印象があります。

ただ、どちらのデザインが好みか?と聞かれたら、おそらくToffy「K-IS8」と答える人の方が多いのではないでしょうか。

Toffy「K-IS8」のデザインには、レトロチックで何となく暖かみがあり、親しみやすさや可愛らしさもあります。

スマートというよりはちょっと無骨であるところも面白く、これがキッチンに置いてあるだけでも何となく癒されそうです。

実際、一目見て思わず欲しくなった!という理由で、このToffy「K-IS8」を手に入れた方も多いのではないでしょうか。

そして、現在の人気の秘密もこのあたりにありそうですね。

ドウシシャ DTY-B1とToffy K-IS8の価格

楽天市場での「DTY-B1」と「K-IS8」の販売価格は

  • DTY-B1 4,692円から
  • K-IS8 6,578円から

という感じです。(2021/06/25現在)

価格の安さでは「DTY-B1」に軍配が上がりますが、「K-IS8」のデザインにはそれ以上に人を惹き付ける何かがありますね。

どちらを選ぶかは貴方次第ですが、今回の記事が参考になれば幸いです。

●楽天市場で購入

電動かき氷器(楽天市場)

●ヤフーショッピングで購入

電動かき氷器(ヤフーショッピング)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加