どこでもクーラー CDM-1421 CDM-1021 CDM-F1021の違い

どこでもクーラー

コロナの「どこでもクーラー」は、一台でスポット冷風、衣類乾燥、除湿の3役をこなす便利な製品です。

その現行モデルには

  • CDM-1421
  • CDM-1021
  • CDM-F1021

の3種類があります。

この3機種はその除湿能力により2つのタイプに分けられます。

また、「CDM-F1021」だけは他2機種と若干仕様が異なります。


スポンサードリンク

どこでもクーラーの除湿能力の違い

どこでもクーラー3機種の除湿能力は以下の通りです。

  • CDM-1421 14L/日(60Hz)
  • CDM-1021 10L/日(60Hz)
  • CDM-F1021 10L/日(60Hz)

型番の数字の上2桁が、60Hz時の一日の除湿能力を表しているので分かりやすいと思います。

そして、除湿可能面積の目安は以下の通りです。

<CDM-1421>

  • 木造15~鉄筋30畳(50Hz)
  • 木造18~鉄筋35畳(60Hz)

<CDM-1021 CDM-F1021>

  • 木造11~鉄筋23畳(50Hz)
  • 木造13~鉄筋25畳(60Hz)

先ずは除湿能力と除湿可能面積の目安を比べながら、どちらを選択すべきかを判断すると良いでしょう。

どこでもクーラーの冷風温度の違い

どこでもクーラーには冷風機能があるため、簡易的に冷風で涼むことができます。

ただし、その冷風の温度は除湿能力によって多少の違いが生まれます。

60Hz時、室温27℃、湿度60%での、室温と冷風の最大吹出温度差は以下のようになります。

  • CDM-1421 -11℃
  • CDM-1021 -10℃
  • CDM-F1021 -10℃

その差は1℃ですが、少しでも涼しい方がイイ!という方は「CDM-1421」を選んだ方が良いかも知れませんね。

CDM-1021とCDM-F1021の違い

「CDM-1021」と「CDM-F1021」は除湿能力が同じであるため、除湿可能面積の目安や冷風の温度などは全く同じです。

ただ、「CDM-F1021」のフィルターには「除菌・脱臭シート」が付いているところが大きな違いです。

この「除菌・脱臭シート」は「CDM-1421」にも付いていませんので、「CDM-F1021」は特別仕様のモデルだといえます。

なお、この「CDM-F1021」のみ「家電量販店モデル」となっています。

コロナ どこでもクーラーの価格

コロナの製品情報サイトによると、どこでもクーラーの本体希望小売小売価格は、

  • CDM-1421 84,480円
  • CDM-1021 76,780円
  • CDM-F1021 80,080円

となっています。(税込価格)

これが楽天市場だと驚くほど安い価格で販売されています。

現在の楽天市場での最安値は

  • CDM-1421 35,279円
  • CDM-1021 27,430円
  • CDM-F1021 不明

といった感じです。(2021/06/29現在)

何故こんなに安くなっているのかは分かりませんが、まあ安いに越したことはありません。

気になる方はチェックしてみて下さい。

●楽天市場でチェック!

どこでもクーラー(楽天市場)

●ヤフーショッピングでチェック!

どこでもクーラー(ヤフーショッピング)

どこでもクーラーの注意点

コロナのどこでもクーラーは、衣類乾燥除湿機に冷風機能が付いたような感じの製品です。

ただし、このどこでもクーラーを冷房機器として使う場合にはある注意が必要です。

この製品は本体前面から冷風が吹き出しますが、その時背面からは温風が出ます。

よって、閉め切った室内で使用すると室内の温度は上昇します。

これを避けるためには、背面側のドアや窓を開放するか、同梱されている排熱ダクトを使って、窓やドアなどから温風を部屋の外に出す必要があります。

また、別売りのダクトパネルを窓などに取り付けて、そこに排熱ダクトをセットすれば、室内はさらに快適な空間になります。

ただ、こうなるともはや「どこでもクーラー」ではなく、単なる簡易的な窓用エアコンのようになってしまいますけど・・・

まあ涼しければイイかな♪


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加