ドウシシャ HSW-102とアクセススチーム ポケットを比較する

ドウシシャ 衣類スチーマー

2021年8月にドウシシャから折りたためる衣類スチーマー「HSW-102」が発売されました!

折りたためるからコンパクトに収納でき、旅行や出張にも持っていきやすい!これは便利!

いやいや、ちょっとお待ちを・・・

ティファールの「アクセススチーム」シリーズにも、折りたためる衣類スチーマー「アクセススチーム ポケット」がありますよね。

アクセススチーム

ということで、今回は「ドウシシャ HSW-102」と「アクセススチーム ポケット」を比較してみることにします。


スポンサードリンク

ドウシシャ HSW-102の収納方法

一見したところ、頭の大きなヘアドライヤーのような外観の「ドウシシャ HSW-102」の使用時のおよその寸法は以下の通り。

  • 幅105×奥行135×高さ245mm

収納時はこれを半分に折りたたむ感じなので、かなりコンパクトにはなりそうです。

しかも、持ち手の下部にフック穴が付いているので、S字フックなどに引っ掛けて収納することも出来ます。

まあ、まさにヘアドライヤーのような感覚で収納できるということですね。

アクセススチーム ポケットの収納方法

一方の「アクセススチーム ポケット」の外観は、「アクセススチーム」シリーズの各機種とほぼ同じであり、持ち手の下部に大きな台座が付いています。

こちらの寸法は以下の通り。

  • 使用時 幅105×奥行125×高さ220mm
  • 収納時 幅105×奥行125×高さ180mm

つまり、収納時には高さがいくらか低くなるという感じです。

また、「ドウシシャ HSW-102」のように引っ掛けて収納する機構は備えてないので、どこかに置くスペースが必要です。

どちらがコンパクトに収納できるのか?

さて、ここで浮かび上がってくる問題は、どちらがコンパクトに収納できるのか?ということです。

単純に考えれば、S字フックなどに引っ掛けても収納できる「ドウシシャ HSW-102」の方が便利そうです。

ただ、旅行バッグなどに収納する際は全体的にムラなくまとまる「アクセススチーム ポケット」の方が良さそうです。

「ドウシシャ HSW-102」の場合は、折りたたむと上下に長くなり、ムダな隙間が生まれる感じがちょっと否めませんからね。

衣類スチーマーとしての性能を比較

次に、「ドウシシャ HSW-102」と「アクセススチーム ポケット」の衣類スチーマーとしての性能や仕様を比較してみましょう。

<ドウシシャ HSW-102>

  • スチーム量 平均15g/分
  • 立ち上がり時間 約30秒
  • 水タンク容量 約150ml
  • 電源コード長さ 約2.4m
  • 本体重量 約750g

<アクセススチーム ポケット>

  • スチーム量 平均13g/分
  • 立ち上がり時間 約15秒
  • 水タンク容量 約120ml
  • 電源コード長さ 約2.6m
  • 本体重量 約800g

このように、どちらが優れているのかは甲乙つけがたいところですが、立ち上がり時間が約半分で済む「アクセススチーム ポケット」の方に軍配は上がるかも。

ドウシシャ HSW-102とアクセススチーム ポケットの価格

ドウシシャによると、衣類スチーマー「HSW-102」の希望小売価格は6,028円(税込)です。

一方の「アクセススチーム ポケット」は「T-falオンラインショップ」で12,100円(税込)で販売されています。(楽天市場だともっと安いです)

というわけで、両者にはかなりの価格差があります。

まあ、ドウシシャは安くてそこそこ良い製品を販売している会社であり、ティファールは世界的に有名な海外メーカーですので、これくらいの価格差があって当然なのかも知れませんね。

いずれにしても、今回の「ドウシシャ HSW-102」の発売によって、折りたためる衣類スチーマーが欲しいと考えている方にとっては、その選択の幅が広がったことになったわけです。

ここはじっくりと考えて選びましょう。

●楽天市場で購入する

ドウシシャ HSW-102

アクセススチーム ポケット

●ヤフーショッピングはこちら

ドウシシャ HSW-102

アクセススチーム ポケット


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加