パナソニック NI-GS400とアクセススチームを比較する

パナソニック 衣類スチーマー

2021年9月にパナソニックから新しい衣類スチーマー「NI-GS400」が発売されます!

この「NI-GS400」は従来のパナソニックの衣類スチーマーとは大きく異なり、アイロン面の無いスチーム専用タイプです。

よって、その外観もこれまでのモデルと全く違っていますが、「何かティファールのアクセススチームに似ているなぁ・・・」というのが正直な感想です。

でも、あの天下のパナソニックがそう簡単にティファールの真似をするとは考えにくいですし、スチーム専用タイプの製品を新しく作るとなると、どうしてもアクセススチームっぽくなってしまうということなんでしょうね。


スポンサードリンク

パナソニック「NI-GS400」のライバルはアクセススチーム?

さて、今回パナソニックもスチーム専用タイプの衣類スチーマーの販売に踏み切ったわけですが、当然ながらその最大のライバルはティファールのアクセススチームということになります。

そして、これまでティファールのアクセススチームに流れていた客層を、パナソニックにも取り込もうという考えもあるのだと思われます。

そこで問題となるのは、消費者側ははたしてどちらを選ぶのか?ということですね。

つまり、パナソニック「NI-GS400」とティファールのアクセススチームとでは、どちらが優れているのか?ということです。

というわけで、ここからはパナソニック「NI-GS400」とティファールのアクセススチームを色々と比較検証してみたいと思います。

なお、ティファール側の対象モデルは、現在の主力モデルである「アクセススチーム プラス」とします。

アクセススチーム プラス

パナソニック「NI-GS400」と「アクセススチーム プラス」のスチーム性能を比較

先ずは一番大事なスチーム性能を比べてみましょう。

<パナソニック NI-GS400>

  • 平均スチーム量 約16g/分
  • 水タンク容量 160mL
  • 連続使用時間 約9分
  • 立ち上がり時間 約30秒

<アクセススチーム プラス>

  • 平均スチーム量 20g/分
  • 水タンク容量 185mL
  • 連続使用時間 18分
  • 立ち上がり時間 40秒

というわけで、スチーム性能は「アクセススチーム プラス」の方が全体的に上回っています。

パナソニック「NI-GS400」の方が優れているのは「立ち上がり時間」だけであり、パナソニックにとってはちょっと苦しい展開となっていますね。

パナソニック「NI-GS400」と「アクセススチーム プラス」のサイズと重量

実際に衣類スチーマーを使う際はサイズや重量も大きなポイントになりますすので、次はそのあたりを比較してみましょう。

<パナソニック NI-GS400>

  • 本体寸法 幅115×長さ145×高さ280mm
  • 本体重量 約950g
  • コードの長さ 約2.5m

<アクセススチーム プラス>

  • 本体寸法 幅130×長さ141×高さ283mm
  • 本体重量 約1,220g
  • コードの長さ 約3m

このように、サイズは「アクセススチーム プラス」の方が若干大きく、重量もあります。

よって、パナソニック「NI-GS400」の方が軽くて使いやすいのかな?という感じですが、スチーム性能と合わせて考えると、このへんは何とも微妙です。

パナソニック「NI-GS400」と「アクセススチーム プラス」の価格

最後は両者の価格を比べてみましょう。

楽天市場での現在の楽天市場での最安値は

  • パナソニック NI-GS400 8,900円
  • アクセススチーム プラス 8,480円

となっています。(2021/08/21現在)

というわけで、現時点ではスチーム性能が高く価格も安い「アクセススチーム プラス」を選んだ方がお得なようです。

ただし、「アクセススチーム プラス」は数年前に発売された製品であるため、現在の価格はかなり値崩れしている状況です。

一方のパナソニック「NI-GS400」は新製品であるために現在の価格は高いですが、この先は徐々に安くなっていくと予想されます。

つまり、この先はパナソニック「NI-GS400」の方が安くなる可能性は大きいということです。

そうなるとパナソニック「NI-GS400」を選ぶメリットもあるでしょうね。

結局、どのタイミングで購入するかで選択基準も変わってきますが、いずれにせよ貴方が納得できる製品を選ぶのが良いかと思います。

●楽天市場で購入する

パナソニック NI-GS400

アクセススチーム プラス

●ヤフーショッピングで購入する

パナソニック NI-GS400

アクセススチーム プラス


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加