デロンギ オイルヒーター ヴェルティカルドと従来機の違い

デロンギ オイルヒーター

デロンギの新しいオイルヒーターが、2021年9月1日に登場しました!

それが「デロンギ ヴェルティカルド オイルヒーター」です。

これまでのデロンギのオイルヒーターには

  • ベルカルド オイルヒーター
  • ユニカルド オイルヒーター
  • アミカルド オイルヒーター

という名称の製品がありますが、またしても直観的には意味がよく分からない「ヴェルティカルド」の登場です。

で、この「ヴェルティカルド」ですが、イタリア語で「縦」を意味する「Verti」と「暖かい」を意味する「Caldo」を組み合わせた造語であり、デロンギによれば「縦ラインの視覚的リズムが美しいモダンなデザインのオイルヒーター」という意味のようです。


スポンサードリンク

ヴェルティカルド オイルヒーターはデザイン重視?

先に述べてように「ヴェルティカルド」は「縦に美しいデザイン」という感じの意味ですが、結局この「ヴェルティカルド オイルヒーター」はデザインを重視したモデルのようです。

確かにこれまでの製品と比べると「ヴェルティカルド」のデザインの方がオシャレでスタイリッシュな感じはしますね。

これまでのデロンギの製品だと、全体的には1色で統一され、操作パネルなど一部に差し色が入るという感じでした。

しかし、この「ヴェルティカルド」の場合は、操作パネル、本体枠、フィン部がはっきりと色分けされているため、「縦ラインの視覚的リズムが美しい」スタイリッシュなオイルヒーターとなるわけです。

他社のオイルヒーターにはこうしたオシャレなものも多いですが、デロンギではこの「ヴェルティカルド」が初めてかも知れません。

そもそも「オシャレなオイルヒーターが欲しい!」という人たちは多いと思いますが、それがデロンギにもあるとなると、これはちょっと注目を集めそうですね。

なお、本体カラーは

  • シダーグレー(ダークグレー+グレージュ)
  • カモミールホワイト(ピュアホワイト+グレージュ)

の2色があります。

ヴェルティカルド オイルヒーターの性能

今回登場した「ヴェルティカルド オイルヒーター」は1200Wモデルであり、その性能は次の通りです。

  • 消費電力 1200W
  • 電力切替 強1200/中700/弱500W
  • 広さの目安 8~10畳

この性能に関しては、「ユニカルド」の1200Wモデルや「アミカルド」の1200Wモデルと全く同じです。

よって、「ヴェルティカルド」のオイルヒーターとしての性能に関しては全く問題はないといえます。

ヴェルティカルド オイルヒーターの機能

さて、デザイン重視の「ヴェルティカルド」には、ちょっと注意する点があります。

それは、機能的にはかなりシンプルになっていることです。

例えば「アミカルド」には「ECO運転モード」や「チャイルドロック機能」がありますが、「ヴェルティカルド」にはありません。

また、「アミカルド」の操作ノブには液晶画面があり、操作と同時に温度や時間を表示してくれますが、「ヴェルティカルド」には液晶画面はありません。

そして、「アミカルド」のタイマーがデジタル式なのに対し、「ヴェルティカルド」のタイマーは昔ながらのピン式24時間タイマーです。

さらに、本体表面温度は「アミカルド」の「約70℃」に対し、「ヴェルティカルド」は「約80℃」です。

というわけで、「ヴェルティカルド」はかなりシンプルなオイルヒーターです。

逆にいえば、余計な機能を省いたモデルともいえますし、シンプルだからこそ使いやすいともいえるでしょう。

ヴェルティカルド オイルヒーターの価格

デロンギの「ヴェルティカルド オイルヒーター」は、楽天市場やヤフーショッピングなどで購入できます。

現在の楽天市場での販売価格は「24,800円」です。

ちなみに、「アミカルド」の1200Wモデル「RHJ35M0812-DG」の楽天市場での最安値は「29.502円」ですので、「ヴェルティカルド」の方が安いです。

*価格は2021年9月6日現在のものです。

というわけで、

  • オシャレなオイルヒーターが欲しい!
  • デロンギのオイルヒーターがイイ!

という方には「ヴェルティカルド」がベストマッチかも♪

●楽天市場で購入する

ヴェルティカルド オイルヒーター

●ヤフーショッピングで購入する

ヴェルティカルド オイルヒーター

なお、「ヴェルティカルド オイルヒーター」の型番は

  • RHJ21F0812-GY シダーグレー
  • RHJ21F0812-WH カモミールホワイト

となります。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加