パナソニック ホームベーカリー SD-MDX4とSD-MT4の違い

パナソニック ホームベーカリー

パナソニック ホームベーカリーの2021年モデルには

  • SD-MDX4
  • SD-MT4
  • SD-SB4

の3機種があります。

「SD-MDX4」は高機能な最上位機種であり、「SD-SB4」は価格を抑えたエントリーモデルです。

では、「SD-MT4」は?

実はこの「SD-MT4」もかなり優秀であり、普通に使うのであれば最上位機種「SD-MDX4」と変わらないほどのモデルなんです。


スポンサードリンク

「SD-MDX4」と「SD-MT4」の違いは2点

最上位機種「SD-MDX4」と「SD-MT4」の違いは以下の2点です。

  • メニュー数の若干の差
  • マニュアル機能の有無

メニュー数は「SD-MDX4」が43で、「SD-MT4」が41です。

つまり、その差は僅か2種類です。

また、「SD-MDX4」には「マニュアル機能」が搭載されていますが、この機能は「SD-MT4」にはありません。

よって、

  • 「SD-MDX4」にあって「SD-MT4」には無いメニューとは何なのか?
  • 「マニュアル機能」があると何が良いのか?

この2点を理解すれば、どちらのモデルが貴方に合っているかが自ずと分かるでしょう。

「SD-MDX4」と「SD-MT4」のメニューの違い

メニューの数は「SD-MDX4」の方が2つ多いですが、それは「おまかせパン生地メニュー」の中にあります。

この「おまかせパン生地メニュー」は、自分好みの成型パンを作りたい時に、パン生地のみを作るメニューです。

「SD-MDX4」のパン生地メニューは以下の4つです。

  • 食パン生地 飽きのこないシンプルな生地
  • ハード生地 フランスパンなどに適した噛み応えのある生地
  • リッチ生地 バターロールや菓子パンなどに適した生地
  • 天然酵母パン生地 天然酵母を使った風味ある生地

一方の「SD-MT4」は

  • パン生地
  • 天然酵母パン生地

の2種類のみです。

なお、「SD-MT4」の「パン生地」は、「食パン生地」ではなく「リッチ生地」と同じものです。

したがって、「SD-MT4」ではフランスパンは作れませんが、バターロール、クロワッサン、ベーグルなど色々なパンを作ることは可能です。

ちなみに、自動メニューの中には「フランスパン」もありますが、このフランスパンの見た目は食パンと同じになるので、あの太くて長いフランスパンは作れないという意味です。

「SD-MDX4」のマニュアル機能とは

「SD-MDX4」に搭載されている「マニュアル機能」とは、内蔵されているメニューに頼らずに、自分自身のオリジナルのパンを作る機能です。

この「マニュアル機能」では、「ねり」「発酵」「焼き」の3つの工程の1つを選んで、そのレベルと時間を設定することができます。

レベルは1~4まであります。

自分の作りたいパンに合わせて細かな調整ができるので、こだわりのパン作りが楽しめますが、当然ながら、この機能を使いこなすには、ある程度の知識や経験が必要となります。

マニュアル機能の実際

「ねり」工程では、作業に適した回転速度レベルと時間を設定できます。

レベル1からレベル4になるにしたがって、低速から高速になります。

「発酵」工程では、用途に合わせた発酵温度レベルと時間を設定できます。

「焼き」工程では、メニューに合わせた焼成温度レベルと時間を設定できます。

「マイねり」機能

「マイねり」は「マニュアル機能」に付随した機能であり、自分で設定した「ねり」パターンを5個まで記憶させておくことができます。

この機能を使えば、自分の好みの「ねり」パターンをいつでも呼び出して再現することができます。

2021年モデルの新メニュー

パナソニックのホームベーカリーの2021年モデルでは、新たなメニューが2つ追加されています。

<新メニュー>

  • リッチ・パン・ドミ
  • 低糖質パン

「リッチ パン・ド・ミ」は、従来の「パン・ド・ミ」をさらにレベルアップさせたメニューです。

「低糖質パン」は糖質約60%オフを実現したメニューです。

これらの2つの新メニューは「SD-MDX4」にも「SD-MT4」にも搭載されています。

<結語>

今回はパナソニックのホームベーカリー「SD-MDX4」と「SD-MT4」の違いを検証しましたが、その結論しては、

  • 「SD-MDX4」は上級者向け
  • 「SD-MT4」は上級者ではないが色々なパンを作りたい人向け

ということになります。

よって、パン作り上級者であり自分のオリジナルパンも作りたいという方、もしくは、今は上級者ではないが、いずれは自分好みのパン作りもしたいという方は「SD-MDX4」を選ぶと良いでしょう。

一方、色々なパンを作って楽しみたいけど、自分のオリジナルパンまで作ろうとは思っていない方、内蔵メニューだけで十分事足りるという方は「SD-MT4」を選んだ方が良いでしょう。

●楽天市場で購入する

パナソニック ホームベーカリー(楽天市場)

●ヤフーショッピングで購入する

パナソニック ホームベーカリー(ヤフーショッピング)

いずれにしても、パナソニックのホームベーカリーがあれば毎日の食卓はグッと華やかで楽しくなるはず。

マニュアル機能を使いたい人もそうでない人も、パナソニックのホームベーカリーで思う存分パン作りを楽しんじゃいましょう♪


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加