当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

シャープ HX-SS1とHX-RS1の違い

シャープ セラミックファンヒーター

シャープのセラミックファンヒーター「HX-SS1」は、プラズマクラスター7000を搭載したコンパクトタイプの2023年モデルです。

その仕様は同じシリーズの前年度モデル「HX-RS1」と全く同じです。

よって、「HX-SS1」と「HX-RS1」の違いは、その販売価格のみです。

となれば、両機種のうち安い方を選んだ方が得策ですね。

HX-SS1とHX-RS1の価格

現在の楽天市場での最安値は以下の通りです。(2023/10/23現在)

  • HX-SS1:26,300円
  • HX-RS1-W(ホワイト系):15,178円
  • HX-RS1-T(ブラウン系):18,800円

*「HX-SS1」の最安値は、ホワイト系もブラウン系も同じです。

よって、今購入するならば、2022年モデルの「HX-RS1」を選んだ方が良さそうです。

なお、通販価格は変動しますので、実際の価格は以下の通販ページにてお確かめ下さい。

HX-RS1(楽天市場)

 

HX-SS1(楽天市場)

 

●ヤフーショッピングはこちら

HX-RS1(ヤフーショッピング)

 

HX-SS1(ヤフーショッピング)

 

HX-SS1とHX-RS1の特長

「HX-SS1」及び「HX-RS1」はコンパクトで軽量なセラミックファンヒーターなので、どこにでも手軽に持ち運んで使うことができます。

どちらかといえばキッチンや脱衣所などのスポット暖房として使用するのに向いていますね。

また、プラズマクラスターによる「空気浄化」モードも搭載しているので、簡易的な空気清浄機としてオールシーズン使えるというメリットもあります。

そして、人感センサーも搭載しているため、自動ON/OFFも可能です。

シャープ セラミックファンヒーター

HX-SS1とHX-RS1の基本仕様

<暖房の適用床面積の目安>

  • コンクリート住宅
    • 断熱材なし 約4.5畳まで
    • 断熱材50mm 約8畳まで
  • 木造住宅
    • 断熱材なし 約3畳まで
    • 断熱材50mm 約6畳まで

<プラズマクラスター適用床面積の目安>

  • 約6畳

<暖房切替>

  • 強 1200W
  • 弱 550W

<切タイマー>

  • 1・2・4時間

結語

「HX-SS1」と「HX-RS1」の仕様は同じです。

よって、販売価格が安い方を選んだ方がお得です。

 

●楽天市場の通販ページはこちら
HX-RS1(楽天市場)

 

HX-SS1(楽天市場)

 

●ヤフーショッピングはこちら

HX-RS1(ヤフーショッピング)

 

HX-SS1(ヤフーショッピング)

 

タイトルとURLをコピーしました