ふとん乾燥機 カラリエ FK-W2とFK-W1の違い

ふとん乾燥機 カラリエ

アイリスオーヤマ カラリエ「FK-W2」は、ツインノズルタイプのふとん乾燥機であり、同じタイプの「FK-W1」の後継モデルです。

この「FK-W2」は、前機種の「FK-W1」と比べて以下の3点が異なっています。

  • デザインがオシャレになった
  • 保温モードが搭載された
  • 立体ノズルが大きくなった

では、さっそくこれらの点を詳しく見ていきましょう。

カラリエ FK-W2のデザイン

「FK-W2」のハンドル部分は木目調になっています。

これは何の変哲もない「FK-W1」のハンドルと比べると、ちょっとオシャレになっていますね。

また、操作ボタンもフラットになったため、何となくスッキリとした印象を受けます。

ただ、相変わらず後方のホースはむき出しですので、他のオシャレな製品と比べるとどうなんでしょうね。

まあ、とりあえず木目が差し色として映えるのは確かですので、「FK-W2」は「FK-W1」よりも少しオシャレになっているとはいえるでしょう。

カラリエ FK-W2の保温モードとは?

「FK-W1」には自動モードと手動モードがありましたが、「FK-W2」ではこの2つに加えて「保温モード」が新たに搭載されています。

これは自動モードの「冬」か「あたため」の時に設定でき、その運転終了後に最大2時間「あたため」と「停止」を繰り返すものです。

この「保温モード」を使えば、眠りにつくまでふとんの中は暖かいままということです。

ただ、ひとつの懸念は音が気になるんじゃないかということですね。

よって、この機能は繊細な人には向かないかも。

鈍感な方なら大丈夫でしょう。


スポンサードリンク

カラリエ FK-W2の立体ノズルの仕様

カラリエのノズルは、その上部分を上に開くことでふとんとの間にすき間を作り、より隅々まで温風を届けることができるようになっています。

「FK-W2」では、その可動部分が「FK-W1」よりも長くなっているため、ふとんをより高く持ち上げることができます。

そうなればふとんとの隙間も広くなるので、温風もより遠くまで届くというわけです。

さらに、「FK-W2」の立体ノズルには、新たにサイドフラップが付いたため、その安定感がアップして倒れにくくなっています。

カラリエ FK-W2とFK-W1の価格

アイリスオーヤマのふとん乾燥機「カラリエ」は、楽天市場などのネット通販サイトで購入するのがお得です。

現在の楽天市場での最安値は

  • FK-W2 15,975円
  • FK-W1 11,799円

となっています。(2021/11/15現在)

ネット通販価格は変動しますので、リアルタイムでの価格はそれぞれの通販サイトでご確認下さい。

●楽天市場

FK-W2(楽天市場)

FK-W1(楽天市場)

●ヤフーショッピング

FK-W2(ヤフーショッピング)

FK-W1(ヤフーショッピング)

まとめ

アイリスオーヤマのふとん乾燥機「カラリエ FK-W2」は、前機種「FK-W1」よりも少しオシャレになり、「保温モード」が新搭載され、立体ノズルも改善されています。

これらのポイントに魅力を感じるのであれば、迷わず「FK-W2」を選ぶと良いでしょう。

そうでもない方は価格の安い「FK-W1」を選ぶのもアリです。

いずれにしても、毎日フカフカのふとんで寝られるのは嬉しいことです。

「カラリエ」を使って、気持ち良く寝て、気持ち良く起きましょう!


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加