シャープ プラズマクラスター加湿器 HV-P30とHV-L30の違い

シャープ 加湿器

シャープ「HV-P30」は、コンパクトな気化式の加湿器であり、2021年9月に発売されたモデルです。

その基本的な仕様は前機種の「HV-L30」とほとんど変わりませんが、1点だけ違うところがあります。

それは、2021年モデル「HV-P30」には「抗菌加工操作パネル」が実装されていることです。

この抗菌加工により操作パネルはいつも清潔に保たれるので、安心して使えるのが「HV-P30」のメリットです。

「HV-P30」と「HV-L30」の価格

シャープ「HV-P30」と「HV-L30」の違いは「抗菌加工操作パネル」が実装されているか否かであり、その他の仕様は全く同じです。

ただし、その販売価格は異なるので、先ずはそこをチェックした方が良いでしょう。

楽天市場での両機種の最安値は

  • HV-P30 16,200円
  • HV-L30 10,500円

となっています。(2021/12/04現在)

この状況だと価格の安い「HV-L30」を選んだ方がお得な感じがしますが、「抗菌加工操作パネル」に魅力を感じるのであれば「HV-P30」を選んでも良いでしょう。

 

シャープ HV-P30(楽天市場)

 

シャープ HV-L30(楽天市場)

 

なお、シャープのHPでは「HV-L30」は「在庫僅少」となっているので、いずれはこの価格差も縮まってくると思われます。

そして、ほとんど価格差が無いか、「HV-L30」の方が高くなった時は、「抗菌加工操作パネル」仕様の「HV-P30」を選ぶべきですね。

 

シャープ HV-P30(ヤフーショッピング)

 

シャープ HV-L30(ヤフーショッピング)

「HV-P30」の加湿方式と電気代

シャープ「HV-P30」は気化式の加湿器であり、その構造はいたってシンプルです。

タンク内の水をフィルターが吸い上げ、そのフィルターにファンで風を当てることで、湿った空気を室内に放出します。

電力のほとんどはその内部ファンによって消費されますが、「HV-P30」はDCモーターを採用しているため、ファン自体の消費電力も少なくて済みます。

したがって、1時間あたりの電気代は

  • 強 約0.25円
  • 静音 約0.07円

と、かなりの省エネができます。

*電気代は27円/kWhで算出しています。

というわけで、電気代をなるべく抑えたい!という方にはピッタリな加湿器だと思います。

ただし、加湿力はそれほどパワフルではないこともお忘れなく。

「HV-P30」の基本仕様

<加湿の適用床面積の目安>

  • 木造和室 5畳
  • プレハブ洋室 8畳

<プラズマクラスター適用床面積の目安>

  • 約5畳

<加湿量>

  • 強 290mL/h
  • 静音 145mL/h

<連続加湿時間>

  • 強 約8.2時間
  • 静音 約16時間

<機能>

  • 温度・湿度のWセンサー
  • うるおい自動運転
  • 静音運転
  • プラズマクラスター空気浄化運転
  • 湿度表示ランプ
  • お手入れランプ
  • 切タイマー
  • 水切れ検知装置
  • 広口タンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました