TESCOM 低温コンベクションオーブン TSF601とTSF601Lの違い

テスコム 低温コンベクションオーブン

テスコムの低温コンベクションオーブン「TSF601」は、トースト、オーブン調理、ノンフライ調理から、ヨーグルト、ドライフルーツ、低温調理まで出来るスグレモノ!

そんなわけで、このテスコム「TSF601」は人気商品となっていますが、テスコムの低温コンベクションオーブンには「TSF601L」という限定モデルもあるんです。

この限定モデル「TSF601L」と通常モデル「TSF601」の違いは、以下の通りです。

  • 本体カラー
  • レシピブック
  • あし付き網の数

あと、限定モデル「TSF601L」は、テスコムの公式ECでしか購入できないのもポイントです。

TSF601とTSF601Lの本体カラーの違い

通常モデル「TSF601」の本体カラーは「コンフォートベージュ」ですが、限定モデル「TSF601L」の本体カラーは「ブラック」です。

色にはあまりこだわらないという方なら別に問題はありませんが、やはり「黒が好き!」という方は多いはず。

そして、自宅のキッチンまわりを黒で統一しているという方も、少なからずいるでしょう。

そんな方たちなら、やはりブラックの「TSF601L」が欲しい!と思うんじゃないでしょうか。

テスコム TSF601L(楽天市場)

TSF601とTSF601Lに付属するレシピブックの違い

通常モデル「TSF601」には、料理家の平井一代氏が監修したレシピブックが付属されています。

このレシピブックには全40種のレシピが収録されています。

一方、限定モデル「TSF601L」には、通常モデル「TSF601」と同じレシピブックが付属されている他に、クッキングエンターテイナー大西哲也氏が監修した「バル飯」というレシピブックも付属されています。

この「バル飯」にも40レシピが掲載されているので、「TSF601L」を購入すれば、2冊のレシピブックが手に入り、合計80種類のレシピが楽しめます。

なお、この「バル飯」も公式EC限定商品となっています。

付属するあし付き網の数の違い

通常モデル「TSF601」には、「焼き網」「天板」「あし付き網」が付属されています。

「あし付き網」は「焼き網」や「天板」の上に乗せて使います。

そうするとドライフルーツやビーフジャーキーなどが2段で調理できるというわけです。

ただ、「TSF601」の発売以降「もっとたくさん一度に作りたい!」という声が多かったため、一枚の高さを抑えて、最大4段まで調理できる「あし付き網(S)」の3枚セットが、後に限定商品として販売されるようになりました。

限定モデル「TSF601L」には、通常の「焼き網」「天板」「あし付き網」の他に、この「あし付き網(S)」3枚セットも付属されています。

よって、「TSF601L」なら、ドライフルーツやビーフジャーキーなどが、最初から作り放題!というわけです。

TSF601とTSF601Lの価格と通販情報

テスコムの公式オンラインショップでの販売価格は

  • TSF601 16,280円(税込)
  • TSF601L 19,580円(税込)

となっています。

通常モデル「TSF601」の場合は、楽天市場などの方が安く購入できます。

テスコム 低温コンベクションオーブン(楽天市場)

なお、楽天市場には「テスコム公式楽天市場店」があるので、限定モデル「TSF601L」の購入も可能です。

よって、限定モデル「TSF601L」が欲しい方は、楽天市場かテスコムの公式オンラインショップを利用して下さい。

テスコム オンラインショップ

*限定モデル「TSF601L」は、今のところヤフーショッピングやAmazonでは販売されていないようです。(2021/12/06現在)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加