パナソニック 衣類スチーマー NI-FS780とNI-FS770の違い

パナソニック 衣類スチーマー

2022年3月1日に発売されたパナソニック「NI-FS780」は、同社の大容量タイプの衣類スチーマーであり、このシリーズでは4号機となります。

この「NI-FS780」は前年度モデル「NI-FS770」の性能をそのまま受け継いだモデルであり、さらに以下の2点が改善されています。

  • 本体重量が約15g軽量化されている
  • ハンドルが抗菌加工が施されている

というわけで、2022年モデル「NI-FS780」は2021年モデル「NI-FS770」のマイナーチェンジモデルであるといえます。

NI-FS780とNI-FS770の本体重量

「NI-FS780」と「NI-FS770」の本体重量は次の通りです。

  • NI-FS780 約690g
  • NI-FS770 約705g

このように「NI-FS780」は約15g軽くなったわけですが、サイズが小さくなったわけではありませんし、注水量も約115mlと前機種「NI-FS770」と同じです。

つまり、「NI-FS780」は「NI-FS770」の性能や機能をそのまま引き継ぎ、本体重量だけ少し軽くなったモデルであるということです。

衣類スチーマーは軽い方が使いやすいのは明白です。

少しでも軽い方がイイ!という方なら「NI-FS780」を選んだ方が良いでしょう。

NI-FS780は抗菌ハンドル!

「NI-FS780」のハンドルには抗菌加工が施されています。

これは直接手が触れる部分の清潔性に配慮したものです。

最近発売された家電製品には、こうした抗菌加工が施されているものや、抗菌仕様になっているものが多いです。

パナソニックの衣類スチーマーでは、今回の「NI-FS780」が初めて抗菌ハンドルを採用した機種となります。

今の世の中の状況を考えれば、こうした仕様となるのも当然かも。

特に家族で一緒のものを使うという場合は、抗菌加工が施された「NI-FS780」の方が安心でしょうね。

スポンサーリンク

NI-FS780の性能と機能

「軽量化」と「抗菌仕様」という改善点を除けば、「NI-FS780」と「NI-FS770」の性能や機能は全く同じです。

<基本性能>

  • 平均スチーム量:約11g/分
  • 連続スチーム噴射時間:約10分
  • 立ち上がり時間:約19秒

<機能>

  • 360度パワフルスチーム
  • 瞬間4倍パワフルスチーム
  • 3段階温度調節(アイロン)
  • 自動ヒーターオフ

<基本仕様>

  • サイズ:幅80×奥行165×高さ130mm
  • 注水量:約115ml
  • 電源コード長:約2.5m

NI-FS780の価格と通販情報

パナソニック衣類スチーマー「NI-FS780」の楽天市場での現在の標準価格は14,820円です。

一方、前年度モデル「NI-FS770」だと10,000円前後で購入できます。

*価格は2022年3月12日現在のものです。

「NI-FS780」と「NI-FS770」の違いは「本体重量」と「抗菌加工の有無」です。

この点に魅力を感じるのであれば「NI-FS780」を、特にそうでもなければ「NI-FS770」を選ぶと良いかと思います。

 

●楽天市場でチェック!

NI-FS780(楽天市場)

NI-FS770(楽天市場)

なお、「NI-FS780」の本体カラーは

  • NI-FS780-C アイボリー
  • NI-FS780-H カームグレー

の2色です。

「NI-FS770」のカラーと比べると「NI-FS780」のカラーの方が淡い感じです。

まあ、この辺の好みは人それぞれですね。

●ヤフーショッピングはこちら

パナソニック 衣類スチーマー

 

タイトルとURLをコピーしました