パナソニック 衣類スチーマー NI-FS780とNI-FS580の違い

パナソニック 衣類スチーマー

パナソニック衣類スチーマーの2022年モデルには、

  • NI-FS780(大容量タイプ)
  • NI-FS580(標準タイプ)

があります。

大容量タイプの「NI-FS780」の方がスペックは高いですが、「NI-FS580」の方が販売価格が安いという利点があります。

よって、そこまで高スペックでなくても良い!という方であれば、「NI-FS580」を選んだ方がお得なケースもあります。

パナソニック 衣類スチーマー

まあ、どちらを選ぶにしても、「NI-FS780」と「NI-FS580」のスペックの差を十分に理解しておくことが必要でしょうね。

NI-FS780とNI-FS580のスチーム機能の違い

「NI-FS780」と「NI-FS580」の平均スチーム量は全く同じであり、「約11g/分」となっています。

しかし、両者はタンク容量が異なるので、その連続スチーム持続時間はかなり違います。

<タンク容量>

  • NI-FS780 約115mL
  • NI-FS580 約50mL

<連続スチーム持続時間>

  • NI-FS780 約10分
  • NI-FS580 約4分

つまり、一度の給水で「NI-FS780」なら約10分使えますが、「NI-FS580」で10分間使うとなると、途中で2回給水しなければなりません。

よって、給水の手間を考えれば大容量タイプの「NI-FS780」のほうが断然便利です。

逆に、一回のシワ伸ばしに4分も使うことは無いという場合は、「NI-FS580」でも十分だといえます。

瞬間パワフルスチームの違い

「NI-FS780」も「NI-FS580」も、スチームボタンを押している間は水が無くなるまで一定量のスチームが安定的に出続けます。

これが標準的なスチームであり「連続パワフルスチーム」と呼ばれています。

そして、「NI-FS780」も「NI-FS580」も、この「連続パワフルスチーム」の他に、さらにパワフルなスチームを瞬間的に出す機能を備えていますが、その機能に若干の差があります。

  • NI-FS780 瞬間4倍パワフルスチーム
  • NI-FS580 瞬間3倍パワフルスチーム

まあ、瞬間パワフルスチームは「NI-FS780」の方が強力だということです。

いずれにせよ、この瞬間パワフルスチームは、頑固なシワやニオイを取る時などに重宝するでしょう。

NI-FS780とNI-FS580の温度設定機能の違い

「NI-FS780」はドライアイロン時もスチーム時も温度設定が可能です。

<ドライアイロン>

  • 高温 約160℃
  • 中温 約140℃
  • 低温 約110℃

<スチーム>

  • 高温 約190℃
  • 中温 約155℃

これに対し「NI-FS570」には温度設定機能が無く、以下のように温度は固定されています。

  • ドライ 約160℃
  • スチーム 約190℃

したがって、温度の設定も細かく行いたいという方は「NI-FS780」を選んだ方が良いでしょう。

NI-FS780とNI-FS580の共通仕様

「NI-FS780」と「NI-FS580」の立ち上がり時間はともに約19秒です。

他社製品と比べてみても、この「19秒」はかなり短い方です。

また、両機種には「360°パワフルスチーム」という機構が備わっています。

これはパナソニック独自のシステムであり、上向きでも横向きでも下向きでも安定したスチーム噴射を可能にしています。

電源コードはいずれも約2.5mと長いですし、使用中や使用後の本体が熱い状態でもすぐに置ける「耐熱スタンド」も付属されています。

2022年モデルの2つの改善点

パナソニック衣類スチーマーの2022年モデルには、以下の2つの改善点があります。

  • 本体が軽量化されている
  • ハンドルが抗菌加工されている

「NI-FS780」の本体重量は約690gであり、2021年モデルの「NI-FS770」よりも約15g軽量化されています。

一方、「NI-FS580」の本体重量は約680gであり、こちらも2021年モデルの「NI-FS570」よりも約10g軽量化されています。

衣類スチーマーは軽い方が使いやすいのは当然です。

そういう意味では、パナソニックの2022年モデルは非常にオススメです。

また、「NI-FS780」も「NI-FS580」も、ハンドルに抗菌加工が施されており、手がよく触れる部分の清潔性に配慮されています。

この抗菌ハンドルになったのは2022年モデルからですので、より清潔に安心して使いたいという方は2022年モデルを選んだ方が良いでしょう。

結語

今回はパナソニック衣類スチーマーの2022年モデル「NI-FS780」と「NI-FS580」の違いについて述べてきました。

どちらを選ぶかは貴方次第ですが、とにかくスペックの高い方が良いなら「NI-FS780」を、多少スペックは落ちても安い方が良いというなら「NI-FS580」を選ぶのが妥当なところでしょう。

あとは実際の販売価格と見合わせながら、貴方のニーズにピッタリな方を選ぶと良いかと思います。

 

●楽天市場でチェック!

NI-FS780(楽天市場)

NI-FS580(楽天市場)

 

●ヤフーショッピングはこちら

NI-FS780(ヤフーショッピング)

NI-FS580(ヤフーショッピング)

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました