Toffy HW-SM1とアクセススチーム プラスを比較する

Toffy 衣類スチーマー

2022年3月18日に、株式会社ラドンナのオシャレなブランド「Toffy」から、「Toffy スチームリッチハンディスチーマー HW-SM1」が発売されました。

この「Toffy スチームリッチハンディスチーマー」は、これまでの「Toffy」の製品と同じように、レトロクラッシックで可愛らしいデザインの衣類スチーマーです。

よって、特に女性からの人気を集めそうですが、単に可愛いだけでなく、衣類スチーマーとしての性能もかなり高いんです。

例えば、この「HW-SM1」のスチーム量はパナソニックの大容量モデルをはるかに凌ぎ、ティファールのアクセススチームとほぼ互角です。

それでいて価格は7,150円ですから、これはかなり注目されそうですね。

Toffy HW-SM1のスチーム量

「Toffy スチームリッチハンディスチーマー HW-SM1」の平均スチーム量は「約20g/分」です。

パナソニックの大容量モデル「NI-FS780」の平均スチーム量が「約11g/分」ですから、その差は歴然としています。

一方、ティファールでは「アクセススチーム プラス」の平均スチーム量が「約20g/分」と同じです。、

この「アクセススチーム プラス」は現在のアクセススチームの中では標準的なモデルですので、「Toffy HW-SM1」の性能はアクセススチームとほぼ互角といっても良いでしょう。

なお、アクセススチームの他モデルでは、「ピュア」の平均スチーム量が「約22g/分」と多いですが、価格も15,180円と高くなります。

その他、「ホワイト」「ライト」「ポケット」もありますが、これらの平均スチーム量は「約18g/分」以下であり、いずれも価格は「Toffy HW-SM1」より高いです。

スポンサーリンク

Toffy HW-SM1とアクセススチーム プラスの比較

さて、平均スチーム量に関しては「Toffy HW-SM1」がかなり優秀であることが分かりましたが、その他に関しては「Toffy HW-SM1」が優れている点と「アクセススチーム プラス」が優れている点があります。

Toffy HW-SM1の優位点

「Toffy HW-SM1」の方が優れている点は次の4点です。

  • 立ち上がり時間の速さ
  • 本体重量の軽さ
  • 折り畳んで収納可能
  • デザインが可愛い!

Toffy 衣類スチーマー

立ち上がり時間の比較

両者の立ち上がり時間は以下の通りです。

  • Toffy HW-SM1:約30秒
  • アクセススチーム プラス:約40秒

特に忙しい朝などにおいては、この「10秒」の差は大きいのではないかと思います。

少しでも早く使いたいのであれば「Toffy HW-SM1」がオススメです。

本体重量の比較

両者の本体重量は以下の通りです。

  • Toffy HW-SM1:約790g
  • アクセススチーム プラス:1220g

これを見れば「Toffy HW-SM1」の方が断然軽いのが分かります。(アクセススチーム プラスが重すぎるという見方もできます。)

衣類スチーマーは軽い方が使いやすいのは明白です。

特に力の弱い女性には「Toffy HW-SM1」の方が良さそうですね。

Toffy HW-SM1は折り畳んで収納できる!

「Toffy HW-SM1」には、折りたたんでコンパクトに収納できるという特長があります。

この利点は使っていない時に実感できるものであり、引き出しの中などにしまえる可能性も大きいです。

一方、高さが28cmほどある「アクセススチーム プラス」は、その置き場所に困るケースも発生しそうです。

Toffy HW-SM1の方がオシャレで可愛い!

デザインの良さに関しては主観的要素も入ってきますが、おそらく「Toffy HW-SM1」の方が「可愛い!」と感じる人の方が多いんじゃないかと思います。

これは製品の性能とは直接は関係しないものですが、オシャレで可愛いものを使いたい!という欲求は特に女性の中には多いのでは?

「Toffy HW-SM1」は毎日をオシャレに過ごしたい!という貴方にはピッタリなアイテムかも。

アクセススチーム プラスの優位点

「アクセススチーム プラス」の方が優れている点は次の4点です。

  • トリガーをロックできる
  • スチーム量を選べる
  • タンク容量が大きい
  • 電源コードが長い

アクセススチーム

トリガーのロック機能

「アクセススチーム プラス」にはトリガーをロックできる機能があるため、連続でスチームを噴射したい時に指が疲れずに済むというメリットがあります。

スチーム量が選べる

「アクセススチーム プラス」には「ターボモード」と「デリケートモード」があります。

「デリケートモード」では少し弱めのスチーム噴射となるため、繊細な衣類のシワ伸ばしにも安心して使えます。

タンク容量の比較

両者のタンク容量は次の通りです。

  • Toffy HW-SM1:約140ml
  • アクセススチーム プラス:185ml

両者の平均スチーム量は同じなので、タンク容量の多い「アクセススチーム プラス」の方が、連続使用時間は長くなります。

また、「アクセススチーム プラス」には、スチーム量を抑えた「デリケートモード」もあるため、これを使用すると連続使用時間はさらに長くなります。

電源コードの長さの比較

両者の電源コードの長さは次の通りです。

  • Toffy HW-SM1:約1.8m
  • アクセススチーム プラス:約3m

電源コードが長い方がコンセントが遠くても使用できるので、基本的には便利だと思われます。

ただし、あまり長すぎると邪魔になるということもあります。

この辺りは実際に使う環境によって左右されそうです。

Toffy HW-SM1とアクセススチーム プラスの価格

両者の価格は以下の通りです。

  • Toffy HW-SM1:7,150円
  • アクセススチーム プラス:13,068円

ただし、「アクセススチーム プラス」は発売されてから数年経ちますので、現在の楽天市場などでは「7,000円弱」から販売されています。

よって、現在の販売価格は両者ともあまり差ないといえます。

ネット通販価格は変動しますので、実際の販売価格はそれぞれの通販ページでご確認下さい。

 

●楽天市場はこちら

Toffy HW-SM1(楽天市場)

アクセススチーム プラス(楽天市場)

 

●ヤフーショッピングはこちら

Toffy HW-SM1(ヤフーショッピング)

アクセススチーム プラス(ヤフーショッピング)

総括

「Toffy スチームリッチハンディスチーマー HW-SM1」と「アクセススチーム プラス」を比較してみた結果をまとめると、以下のようになります。

  • 「Toffy HW-SM1」の方が立ち上がりが速く、オシャレで軽く使いやすい。
  • 「アクセススチーム プラス」の方が連続使用時間が長く、「Toffy HW-SM1」には無い機能を持っている。

両者の平均スチーム量は同じであり、現在の販売価格もほぼ同じですので、上記のポイントが判断の基準となりそうです。

まあ、1ついえるのは、女性には「Toffy HW-SM1」の方がピッタリかも!ということです。

特にオシャレな貴方なら「Toffy HW-SM1」を選ぶんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました