コロナ 衣類乾燥除湿機 CD-WH1822とCD-WH1222の違い

コロナ 除湿機

コロナの衣類乾燥除湿機「WHシリーズ」は、2022年から登場した新シリーズです。

この「WHシリーズ」には

  • CD-WH1822(18Lタイプ)
  • CD-WH1222(12Lタイプ)

の2機種があります。

この両機種の違いは単純にパワー(加湿量)ですので、自身のニーズに合った方を選択すれば良いわけです。

ただ、これまで18Lタイプと10Lタイプしかなかったコロナ衣類乾燥除湿機の大容量タイプに、新しく12Lタイプの「CD-WH1222」が加わったことに注目です。

例えば、

  • 18Lタイプだと大きすぎる
  • 10Lタイプだと少し物足りない

なんて方には、12Lタイプの「CD-WH1222」がピッタリとマッチするんじゃないでしょうか?

CD-WH1822とCD-WH1222の除湿能力を比較

「CD-WH1822」と「CD-WH1222」の除湿能力は以下の通りです。

  • CD-WH1822 16L/日(50Hz):18L/日(60Hz)
  • CD-WH1222 11L/日(50Hz):12L/日(60Hz)

そして、除湿可能面積の目安は以下の通りです。

<CD-WH1822>

  • 50Hz 木造20~鉄筋40畳
  • 60Hz 木造23~鉄筋45畳

<CD-WH1222>

  • 50Hz 木造14~鉄筋28畳
  • 60Hz 木造15~鉄筋30畳

というわけで、実際に使用する場所にはどのくらいのパワーがあれば良いかを考えれば、どちらのモデルがピッタリなのかが自ずと分かるはずです。

「WHシリーズ」の特長

「WHシリーズ」にはこれまでの「Hシリーズ」には無かった新しい機能が搭載されています。

それが

  • 速乾ダブルルーバー
  • アクアドロップ洗浄self

です。

 

「速乾ダブルルーバー」は従来のルーバーよりも送風エリアが拡大されているため、衣類乾燥スピードをより速くすることが出来ます。

さらに、様々な方向から風を当てることにより、タオルなどの繊維を立ち上げながら乾燥できるため、通常よりもふんわりとした仕上がりになります。

 

「アクアドロップ洗浄self」は、コップ1杯の水で熱交換器を簡単に洗浄できる機能です。

熱交換器を洗浄することで、その性能低下を抑えることができますし、嫌なニオイの発生を抑えることもできます。

これらの新機能は「CD-WH1822」にも「CD-WH1222」にも搭載されています。

スポンサーリンク

共通仕様と衣類乾燥スピードの違い

加湿能力が異なることを除けば、「CD-WH1822」と「CD-WH1222」の機能や仕様はほとんど同じです。

操作パネルは見やすいタッチパネル式で、運転モードは「除湿」「サーキュレーター」「衣類乾燥」の3種。

切タイマーの設定は「2・4・8時間」で、湿度表示は3段階。

エアフィルターは抗菌・防カビフィルター。

本体サイズも一緒であり、タンク容量も5.5Lと同じです。

 

ただし、加湿能力が違う分、衣類乾燥スピードは「CD-WH1822」の方が速いです。

よって、より早く洗濯物を乾かしたければ「CD-WH1822」にした方が良いかもしれません。

結局、決め手となるのは除湿能力の差でしょうね。

結語

「CD-WH1822」と「CD-WH1222」の違いは除湿能力であり、除湿能力の高い「CD-WH1822]の方が、

  • 除湿面積が広い
  • 衣類乾燥スピードが速い

ということになります。

また、「WHシリーズ」には

  • 洗濯物を早くふんわりと乾かせる
  • コップ1杯の水で熱交換器を洗浄できる

というメリットもあります。

こうしたメリットに魅力を感じる方は、コロナ衣類乾燥除湿機「WHシリーズ」のいずれかを選ぶと良いでしょう。

 

●楽天市場で選ぶ

コロナ 除湿機 WHシリーズ

 

●ヤフーショッピングで選ぶ

コロナ 除湿機 WHシリーズ

 

タイトルとURLをコピーしました