アイリスオーヤマ タワーファン TWF-M73とTWF-C73の違い

アイリスオーヤマ タワーファン

アイリスオーヤマのベーシックなタワーファンには、

  • TWF-M73(メカ式)
  • TWF-C73(マイコン式)

の2機種があります。

両機種のサイズや見た目はほとんど同じですが、

  • TWF-M73 リモコンなし
  • TWF-C73 リモコン付き

という点が大きなポイントです。

また、運転モードも「TWF-C73」の方が多いです。

ただ、実際に人気があるのはシンプルな「TWF-M73」の方です。

リモコンは必要か否か?

「TWF-M73」と「TWF-C73」のどちらを選ぶか?

まずポイントとなるのはリモコンの有無です。

「リモコンは絶対必要!」という方は「TWF-C73」を選ぶべきでしょうね。

逆に「リモコンは要らない」という方なら「TWF-M73」で良いでしょう。

でも、後になってから「やっぱり、リモコンがあった方が良かった・・・」なんてこともありますので、この辺はよく考えてから決めましょう。

運転モードの違い

「TWF-M73」も「TWF-C73」も、風量調整は「弱・中・強」の3段階です。

ただし、「TWF-M73」の運転モードが「連続」だけなのに対し、「TWF-C73」には「連続」の他に「リズム風モード」と「おやすみモード」があります。

「リズム風モード」は、風量に強弱をつけて自然に近い風を再現するもの。

「おやすみモード」は、最初の30分は「リズム風」で、その後は「中」と「弱」を繰り返すというものです。

こうした運転モードもあった方がイイ!という方は「TWF-C73」を選ぶと良いかと思います。

スポンサーリンク

タイマー仕様の違い

「TWF-M73」にも「TWF-C73」にも、切タイマーが搭載されていますが、その仕様は異なります。

「TWF-M73」の切タイマーは「30・60・90・120・150・180分」で設定できます。

一方、「TWF-C73」の切タイマーは「0.5・1・2・4時間」という設定です。

つまり、設定時間は「TWF-C73」の方が長いですが、「TWF-M73」の方が細かい設定が可能です。

というわけで、どっちがイイか?はちょっと微妙な感じですね。

首振り機能について

「TWF-M73」にも「TWF-C73」にも、首振り機能が付いています。

首振り角度は両機種とも「65度」と同じです。

ただ、両機種とも上下ルーバーは付いていないので、風向きを上下に設定することはできません。

まとめ

今回の記事をまとめると、

  • 「TWF-C73」はリモコン付き
  • 「TWF-C73」の方が運転モードが多彩

ということで、機能的には「TWF-C73」の方が優れているといえます。

ただ、両機種の販売価格にはけっこう大きな差があります。

現在の楽天市場での最安値は

  • TWF-M73 3,980円
  • TWF-C73 6,578円

となっています。(2022/06/07現在)

よって、機能で選ぶなら「TWF-C73」、価格の安さで選ぶなら「TWF-M73」ということになりそうですね。

 

●楽天市場で選ぶ

アイリスオーヤマ タワーファン

 

●ヤフーショッピングで選ぶ

アイリスオーヤマ タワーファン

 

なお、「TWF-C73」にはホワイトの他に木目調もあります。

型番は

  • TWF-C73-W ホワイト
  • TWF-C73M 木目調

となります。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました