ピーコックのフライヤー「WCT-90」と「はやあげ」の違い

2022年8月に発売されたピーコック魔法瓶工業の「テーブルフライヤー WCT-90」は、かなり優秀な電気フライヤーです。

基本的にこの「WCT-90」は、「卓上で揚げ物ができるフライヤー」という位置づけですが、

  • 温度調節が可能
  • 鍋を外して洗える
  • 鍋料理にも使える

という点において、他社のフライヤーよりも優れているといえます。

だって、上記の3点すべてを満たした電気フライヤーって、ちょっと他には見当たりませんからね。

★楽天市場で「WCT-90」を見る

ピーコック「WCT-90」とタイガー「はやあげ」を比較する

タイガーの「はやあげ CFE-A100-T」は、内鍋を外して洗えるフライヤーとして人気の商品でしたが、現在は生産終了となっています。

よって、「内鍋を外して洗えるフライヤーが欲しい!」という人たちは非常に困っていたわけですが、ピーコック「WCT-90」の登場により、その問題も解消されそうです。

しかも、タイガー「はやあげ」には温度調節機能がありませんが、ピーコック「WCT-90」なら温度調節が可能です。

つまり、ピーコック「WCT-90」の方が「はやあげ」よりも優秀じゃん!ということです。

なお、ピーコック「WCT-90」の場合は、本体(ヒーター部)の上に鍋が乗っかっているという構造ですので、これは内鍋ではありません。

この鍋は本体と分離できるので、鍋だけを丸洗いできるということです。

ピーコック「WCT-90」は鍋料理にも使える!

ピーコック「テーブルフライヤー WCT-90」は、串揚げや天ぷらなどの揚げ物の他、チーズフォンデュ、アヒージョ、火鍋など、鍋料理にも使えます。

基本的に卓上で使うことが想定されているので、食卓の真ん中に置いて家族で楽しんだり、友人たちとのパーティーでも活躍しそうです。

タイガー「はやあげ」でも鍋料理はできなくはないですが、ちょっとその見た目はイマイチですね。

何か炊飯器で鍋をやっているような・・・

その点、白くてオシャレなピーコック「WCT-90」なら、家族との食事も友人たちとのパーティーも、きっと盛り上がることでしょう。

ピーコック「テーブルフライヤー WCT-90」の仕様

ピーコック「WCT-90」の基本仕様は次の通りです。

  • 消費電力:900W
  • 本体寸法:幅28.4×奥行21.5×高さ25.7cm
  • 質量(電源コード含む):約2.3kg
  • コードの長さ:約1.8m

また、温度設定は以下のようになります。

  • WARM:約80℃
  • LOW:約160℃
  • MID:約180℃
  • HIGH:約200℃

そして、付属品として

  • 専用フォーク×8本
  • 油はね保護カバー
  • レシピブック

が、付いています。

まとめ

ピーコック「テーブルフライヤー WCT-90」の特長は

  • 温度調節が可能
  • 鍋を外して洗える
  • 鍋料理にも使える

というところです。

こうした特長を持つ電気フライヤーは他にはほぼ無いので、これから電気フライヤーを購入しようとしている方には非常にオススメです。

そして、「鍋を外して洗えるフライヤー」を探している方には、このピーコック「WCT-90」が救世主になるかも!

 

●楽天市場の通販ページはこちら

テーブルフライヤー WCT-90(楽天市場)

 

●ヤフーショッピングはこちら

テーブルフライヤー WCT-90(ヤフーショッピング)

 

タイトルとURLをコピーしました