当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

日立 衣類スチーマー CSI-RX50とCSI-RX3の違い

日立 衣類スチーマー

日立の衣類スチーマー「CSI-RX50」は、このシリーズの4代目となるモデルです。

3代目モデルの前機種「CSI-RX3」は、2代目「CSI-RX2」よりもタンク容量が少し増えて、その連続スチーム時間が少し長くなったモデルでした。

ただ、実際にはタンク容量は約10mL増えて約80mL、連続スチーム時間は約30秒延びて約5分30秒と、その差は僅かなものでした。

4代目「CSI-RX50」もタンク容量がアップしたモデルですが、今回のアップ量は約50mLとかなり増えています。

そして、当然ながらその連続スチーム時間もかなり増えています。

CSI-RX50のタンク容量と連続スチーム時間

「CSI-RX3」のタンク容量は約80mLですが、「CSI-RX50」のタンク容量は約130mLに増えています。

そして、その連続スチーム時間も

  • CSI-RX3 約5分30秒
  • CSI-RX50 約9分

と、約3分30秒も延びています。

まあ、「5分30秒」から「9分」ですから、ほぼ2倍近く延びたことになります。

この差はかなり大きいといえますね。

これなら水の残量を気にすることなく、思いっきり衣類スチーマーを使えそうです。

CSI-RX50のサイズと重さ

タンク容量が増えたとなると、サイズや重量も増えたのでは?と思うでしょうね。

確かに「CSI-RX50」のサイズは若干大きくなります。

<本体のみのサイズ>

  • CSI-RX50:幅180×奥行85×高さ130mm
  • CSI-RX3:幅175×奥行85×高さ125mm

でも、これぐらいなら許容範囲でしょう。

次に重さですが、本体のみの重さはいずれも「約690g」となっています。

つまり、満水時だと約50mL分「CSI-RX50」の方が重くなるということでしょう。

ちなみに、約50mL=約50gです。

CSI-RX50の平均スチーム量

「CSI-RX50」の平均スチーム量は「CSI-RX3」より若干増えています。

  • CSI-RX3 約13g/分
  • CSI-RX50 約14g/分

その差は僅か1gですが、まあスチーム量が増えるに越したことはありませんね。

CSI-RX50のカラーは1色のみ

前機種「CSI-RX3」には

  • CSI-RX3(W) ホワイト
  • CSI-RX3(B) オニキスブラック

の2色がありましたが、

今回の「CSI-RX50」は

  • CSI-RX50(W) オフホワイト

のみとなっています。

このシリーズでは、これまではホワイトと別色との2色展開が通例となっていましたが、今回は1色だけなので逆に迷わないで済むかも知れませんね。

CSI-RX50とCSI-RX3の共通機能

ここまで述べたこと以外の仕様や機能は、「CSI-RX50」も「CSI-RX3」もほぼ同じです。

スチームの温度は使用する素材に合わせて「高温(約170℃)」と「中温(約135℃)」の2種類から選べます。

アイロン時の温度調節は「高・中・低」の3段階です。

立ち上がり時間は30秒で、約10分のオートオフ機能付きです。

そして、1分間のワンプッシュ連続スチームもできます。

総括

日立 衣類スチーマーの4代目「CSI-RX50」は、このシリーズでは最大のタンク容量と最長の連続スチーム時間を誇るモデルです。

ここまで少しづつ進化してきたこのシリーズも、ここに来て一気にパワーアップした感があります。

衣類スチーマーを初めて買う人も、これまでの衣類スチーマーに不満がある人も、この日立「CSI-RX50」であればきっと満足できるのではないでしょうか。

日立 衣類スチーマー

CSI-RX50を楽天市場でチェック!

 

CSI-RX50をヤフーショッピングでチェック!

 

<関連記事>日立 衣類スチーマー CSI-RX70とCSI-RX50の違い

タイトルとURLをコピーしました