シャープ KC-E40とKC-E50の違いと価格差

シャープの加湿空気清浄機で現在人気が高いのはKC-E50というモデルです。

そして、その次に人気なのがKC-E40です。

kc-e40-w

シャープの加湿空気清浄機は、型番の数字が大きい方がその適用床面積も大きくなります。

したがって、KC-E50の方がより広い部屋で使用できるわけですが、実際に使用する部屋がそれほど広くなければKC-E40でも十分なはずです。

それに、KC-E40の方が価格も安いですからね。

要は、実際に使用しようとしている部屋がKC-E40でも大丈夫なのかを見極めることですね。


スポンサードリンク

シャープ KC-E40とKC-E50の適用床面積を比較

シャープ KC-E40もKC-E50も、共にプラズマクラスター7000を搭載した加湿空気清浄機です。

ただし、そのプラズマクラスターの適用床面積は、KC-E50が約13畳なのに対してKC-E40は約11畳です。

空気清浄適用床面積もKC-E50が14畳までなのに対してKC-E40は13畳です。

そして、加湿適用床面積は

・KC-E50 プレハブ洋室13畳まで/木造和室8畳まで
・KC-E50 プレハブ洋室11畳まで/木造和室7畳まで

となっています。

つまり、KC-E40の適用床面積はKC-E50よりも若干狭くなっているわけですが、「この程度の差であればKC-E40でもいいかな」と思われる方も多いのではないでしょうか。

スペックが低い分、価格もKC-E40の方が安いですから、あえてKC-E50を買う必要もないということです。

シャープ KC-E40とKC-E50の運転音と電気代

シャープ KC-E40はKC-E50よりも性能的に若干劣るといえますが、その分、運転音は多少低くなりますし、電気代も多少安くなるというメリットがあります。

両者の運転音と電気代を比べてみると・・・

<運転音>
・KC-E50 「強」39dB/「中」35dB/「静音」20dB
・KC-E40 「強」36dB/「中」32dB/「静音」19dB

<1時間あたりの電気代>
・KC-E50 「強」約0.41円/「中」約0.30円/「静音」約0.10円
・KC-E40 「強」約0.32円/「中」約0.20円/「静音」約0.09円

といった感じです。

まあ、それほど極端に違うというわけではないですが、音が少しでも静かで、電気代も安い方がイイですよね。


スポンサードリンク

シャープ KC-E40とKC-E50のサイズと加湿能力

シャープ KC-E40はKC-E50よりもサイズがコンパクトなのでは?と思っている方もいるかも知れませんが、両者のサイズはほとんど同じです。

KC-E50のサイズは幅399×奥行230×高さ615mmで重量は約7.7kgです。

そして、KC-E40のサイズは幅399×奥行230×高さ613mmで重量は約7.5kgです。

ただ、KC-E50にはキャスターが付いていますが、KC-E40にはキャスターはありません。

移動することを考えた場合には、KC-E40は若干不便かも知れませんね。

加湿能力もKC-E40とKC-E50では若干違います。

水タンク容量は約2.5Lと同じですが、KC-E50の加湿能力は最大450mL/hであり、KC-E40は最大400mL/hです。

シャープ KC-E40とKC-E50のフィルターの違い

シャープ KC-E50の集じんフィルターは静電HEPAフィルターです。

これは、10,000個の微小な粒子を吸い込んで3個しか通さない高性能のフィルターです。

そして、活性炭に吸着剤を加えた脱臭フィルターが別個に搭載されています。

これらのフィルターは約10年間使用できます。

一方、シャープ KC-E40の方には集じんと脱臭が一体となったフィルターが付いています。

こちらも高性能なフィルターですが、KC-E50に比べればその性能は少し落ちます。

この一体型フィルターは約5年間使用できます。

というわけで、フィルター性能に関してはKC-E50の方が優れていることになりますね。

シャープ KC-E40とKC-E50との価格差と販売店

シャープ KC-E40はKC-E50よりもやや性能が劣りますが、その分価格が安いのが魅力です。

楽天市場での現在の最安値は

・KC-E40 15,080円
・KC-E50 17,820円

といった感じです。(2016年1月21日現在)

シャープ 加湿空気清浄機(楽天市場)

実際に使用する部屋の広さを考えれば「KC-E40で十分」という方もいるでしょうし、このくらいの価格差であれば「KC-E50にしておこうかな」という方もいるでしょう。

両者のスペックの差や、使用する部屋の広さ、そして価格を考慮しながら、最適なモデルを選ぶと良いでしょうね。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です