日立 シーズヒーター HLH-1020Sと HLH-W1100Sの違い

遠赤外線ヒーター(ストーブ)は、通常の電気ストーブと違って
身体全体にジワーっと浸透するような暖かさが魅力です。

現在では様々なメーカーから
この遠赤外線ヒーターが販売されていますが

今回はその中から日立のシーズヒーターを紹介します。

現在、日立シーズヒーターで人気があるのは
HLH-1020Sと HLH-W1100Sです。

このHLH-1020Sと HLH-W1100Sの違いを
検証してみたいと思います。


スポンサードリンク

日立 HLH-1020Sと HLH-W1100Sの違い

日立 HLH-1020Sも HLH-W1100Sも
遠赤外線ヒーターとしての性能はほとんど同じです。

大きな違いは自動首振り機能があるかないかです。

HLH-W1100Sは、ストーブの向きを
自動で70度+手動で30度の範囲で変えられる
2重首振り仕様になっています。

さらに、左右のヒーターの反射板が
20度の向きで切り替わり

本体正面を暖める「センター」と
室内の広い範囲を暖める「ワイド」が選択できます。


一方、HLH-1020Sは自動首振り機能はありませんが
ストーブの向きを手動で130度の範囲で変えられます。

HLH-1020Sと HLH-W1100Sの
どちらにしようかと迷っている場合は

首振り機能が必要かどうかが
判断基準のひとつになりそうですね。

HLH-1020S
 <日立シーズヒーター HLH-1020S>

HLH-1020Sと HLH-W1100Sのもうひとつの違い

日立 HLH-1020Sと HLH-W1100Sには
もうひとつの違いがあります。

それは「切タイマー」があるかないかです。

日立 HLH-W1100Sには
1・2・3時間の「切タイマー」が付いています。

しかし、HLH-1020Sにはありません。

おそらく「切りタイマー」はあった方が便利だと思いますが
別に必要ないという方もいるでしょうね。

とりあえず HLH-1020Sを購入して
必要性を感じたら市販のタイマーを買う
という方法もありますね。


スポンサードリンク

デザインとサイズ

HLH-1020Sと HLH-W1100Sのデザインは
かなり違っていますね。

デザインの好みは人それぞれですが
HLH-W1100Sの方がオシャレな感じはします。

HLH-1020Sのサイズは
幅300×奥行300×高さ600mmで
重さは約3.0kgです。

HLH-W1100Sのサイズは
幅300×奥行300×高さ730mmで
重さは約4.8kgです。

つまり、HLH-W1100Sの方が少し大きくて
少し重いというわけです。

狭い部屋での使用を考えている場合は
HLH-W1100Sだとちょっと大きく感じるかも知れませんね。

HLH-W1100S
<日立シーズヒーター HLH-W1100S>

どちらが暖かいのか?

日立シーズヒーターの消費電力は

・HLH-1020S 1000W/500W
・HLH-W1100S 1100W/825W/550W/275W

となっています。

つまり、HLH-1020Sは2段階切替で
HLH-W1100Sは4段階切替ということです。


最高のパワーの時、HLH-1020Sは1000W
HLH-W1100Sは1100Wですので

どちらが暖かいのかとなると
HLH-W1100Sの方が少し暖かいといったところですね。


さらに、HLH-W1100Sは HLH-1020Sより
低い温度設定も可能です。

細かい温度設定ができた方が良いという方は
HLH-W1100Sを選択した方が良いでしょうね。

でも、「強と弱だけあれば十分」という方は
HLH-1020Sで十分かも知れません。

HLH-1020Sと HLH-W1100Sの通販情報

日立のシーズヒーターは楽天市場などのネット通販サイトで購入できます。

ネットでの販売価格は日々変動しますので、現在の価格はそれぞれの通販ページにてご確認願います。

日立 シーズヒーター(楽天市場)

日立 シーズヒーター(ヤフーショッピング)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加