空調・季節家電

加湿器

シャープ 加湿器 HV-R120とHV-R75の違い

2022年に登場したシャープ「HV-R120」は、シャープにはこれまでには無かった大容量タイプの加湿器です。よりグレードの高いプラズマクラスター25000を搭載した「HV-R120」は、2022年モデルの中では最上位機種となります。
暖房機器その他

LaFuture パネルヒーター ロイヤルとプレミアムの違い

LaFutureのパネルヒーターには、スタンダードな「パネルヒーター」の他に「プレミアム」「ロイヤル」と3種類のモデルがあり、これらのモデルはいずれも人気が高いです。
暖房機器その他

コロナ ウォールヒート DHK-C1216AとCHK-C126Aの違い

コロナのウォールヒートには「DHK-C1216A」と「CHK-C126A」がありますが、両者は販売ルートが異なるだけで製品自体の仕様は全く同じです。
電気ストーブ

山善 遠赤外線ヒーター DCT-J063とECTS-C06を比較する

山善のカーボンヒーター「DCT-J063」はシンプルで価格も安いことで人気です。ただし、このモデルはパワーの切り替えができないため、狭いトイレなどでは熱くなりすぎるという難点があります。同じ山善のグラファイトヒーター「ECTS-C06」ならこうした難点も解消できそうです。
空気清浄機

ダイキン 空気清浄機 MC55ZとMC55Yの違い

ダイキン ストリーマ空気清浄機の2023年モデル「MC55Z」は、電源コードにL字プラグが新採用されています。前年度モデル「MC55Y」との違いはこれだけですので、どちらを選ぶかは、L字プラグに対する関心と両機種の価格差がポイントとなりそうです。
空気清浄機

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70ZとMCK55Zの違い

ダイキンの加湿ストリーマ空気清浄機の2023年モデルには、ハイグレードタイプの「MCK70Z」とスリムタワータイプの「MCK55Z」があります。性能面や機能面では「MCK70Z」の方が優れていますが、「MCK55Z」の方がコンパクトで安く、限定色カームベージュもあるというのもポイントです。
空気清浄機

ダイキン 加湿空気清浄機 MCK70ZとMCK70Yの違い

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機の2023年モデル「MCK70Z」と2022年モデル「MCK70Y」の違いは、電源コードのプラグの形状だけなので、どちらを選ぶかは両機種の価格差が大きなポイントになるでしょう。
加湿器

シャープ 加湿器 HV-R75とHV-R55の違い

シャープのプラズマクラスター加湿器の2022年モデル「HV-R75」と「HV-R55」の違いは加湿量であり、「HV-R75」の方が加湿量が多いです。ただ、この両機種の仕様は加湿量以外は全く同じです。
加湿器

シャープ 加湿器 HV-R75とHV-P75の違い

シャープの加湿器「HV-R75」と「HV-P75」の違いはほとんどありません。強いて言えば「SIAAマーク」の有無ですが、これは抗菌仕様に関する保証のようなものであり、それほど大きなポイントにはならないかと思います。
電気ストーブ

アラジン「トリカゴ」CAH-G42GCとCAH-G42GBの違い

アラジンのグラファイトヒーター「CAH-G42GC」は、同社の「トリカゴ」シリーズの2022年モデルです。この「CAH-G42GC」は前機種「CAH-G42GB」の後継モデルとなりますが、その仕様に特に違いはないようです。
タイトルとURLをコピーしました