調理家電

トースター

シロカ すばやきトースター ST-2D451とST-2D351の違い

シロカ「ST-2D451」は同社の「すばやきトースター」の4代目モデルであり、前機種「ST-2D351」よりもオートメニューの数が倍近く増えています。
ホットプレート

アラジン グラファイト ミニグリラーと従来機の違い

アラジンの「グラファイト ミニグリラー」は、このシリーズでは初となるコンパクトなモデルです。この「グラファイト ミニグリラー」は、同シリーズの「グラファイト マジックグリラー」をコンパクトにした感じの製品ですが、両者にはいくつか異なるポイントがあります。
フライヤー

ピーコックのフライヤー「WCT-90」と「はやあげ」の違い

ピーコック魔法瓶工業の「テーブルフライヤー WCT-90」は、基本的には「卓上で揚げ物ができるフライヤー」という位置づけの製品ですが、スペック的にはかなり優秀な電気フライヤーであるといえます。
電気調理鍋

ラクラ・クッカー プラス CY353AJPとCY352AJPの違い

ティファールのラクラ・クッカー プラス「CY353AJP」は、同シリーズの「CY352AJP」のリニューアルモデルです。この「CY353AJP」には、スチーム洗浄機能が新搭載されていることが大きなポイントです。
トースター

アラジン AET-GS13CとCAT-GS13B/AET-GS13Bの違い

アラジン「AET-GS13C」(2022年9月発売)は、同社のグラファイトトースターでは3代目となるモデルです。この「AET-GS13C」と前機種「CAT-GS13B/AET-GS13B」との大きな違いは、「焼き網がメッシュ仕様になった」ことです。
ホットプレート

abien MAGIC GRILL 2022年モデルと2021年モデルの違い

アビエンの薄型ホットプレート「マジックグリル」の2022年モデルは、従来モデルに比べて「温度設定が細かい」「蓄熱性が高い」といったメリットがあります。つまり2022年モデルはさらに進化した「マジックグリル」であるということです。
ホームベーカリー

シロカ おうちベーカリー SB-2D151とSB-1D151の違い

シロカの「おうち ベーカリー ベーッシック プラス SB-2D151」は、「おうち ベーカリー」の初代モデル「SB-1D151」の後継モデルであり、対応斤数が1斤から1.5斤に増え、自動メニュー数も大幅に増えています。
ミキサー・フードプロセッサー

パナソニック 低速ジューサー MJ-L400とMJ-L600の違い

パナソニックの低速ジューサーには「MJ-L400」「MJ-L600」の2機種がありますが、カラーを除けば両者の本体の仕様は同じです。では、何が違うのかというと、付属するフィルターやアタッチメントの数です。
ミキサー・フードプロセッサー

Panasonic フードプロセッサー MK-K32 MK-K62 MK-K82の違い

パナソニック フードプロセッサーの2022年モデルは「MK-K32」「MK-K62」「MK-K82」の3機種であり、それぞれが従来の3機種の後継機種となっています。そして、この2022年モデル3機種は、すべて「食洗器対応」となっているのが、従来のモデルとの大きな違いです。
フライヤー

内釜を外して洗える!電気フライヤー「FL-DS4」の評判

油を使う電気フライヤーには根強い人気があり、様々なメーカーの製品があるわけですが、そのたいていの製品には「内釜を外して洗えない」という難点があります。でも、電気フライヤー「FL-DS4」なら、内釜を外して洗えるんです!
タイトルとURLをコピーしました