当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ホットプレート

ホットプレート

象印 ホットプレート EA-KK30とEA-GZ30の違い

象印のホットプレート「EA-KK30」と「EA-GZ30」は、いずれも3種類のプレートが付属されたモデルですが、「焼肉プレート」と「平面プレート」の仕様が両モデルでは異なります。焼肉プレートに関しては「EA-GZ30」の方が優れていますが、平面プレートに関しては「EA-KK30」の方が優れています。
ホットプレート

象印 ホットプレート EA-KA10とEA-KB10の違い

「EA-KA10」と「EA-KB10」は発売年が違うだけで、製品の仕様は全く同じです。よって、その時に安い方の機種を選ぶのが得策です。
ホットプレート

BRUNO コンパクトグリルホットプレートと従来機との違い

BRUNO「コンパクトグリルホットプレート」の特長は、調理中の煙及び油はねを90%超カットできること。つまり、調理後の室内にはニオイが残りにくくなり、テーブルのベタつきも抑えられて拭き掃除も簡単です。というわけで、焼肉するなら「コンパクトグリルホットプレート」がオススメです。
ホットプレート

象印 ホットプレート STAN.EA-FA10とEA-KB10の違い

EA-FA10は象印「STAN.」シリーズのホットプレートです。この「STAN.」シリーズは、機能性、使いやすさ、デザイン性を追求した製品群であり、同社の通常製品とはちょっと違います。では、このEA-FA10は他の通常製品と何が違うのでしょうか?
ホットプレート

象印 ホットプレート EA-KK30とEA-KJ30の違い

象印のホットプレートでは「EA-KK30(2022年発売)」と「EA-KJ30(2020年発売)」の人気が高いです。この2機種は発売年が違うだけで、製品自体の仕様は同じです。よって、販売価格の安い方を購入した方がお得です。
ホットプレート

アラジン グラファイト ミニグリラーと従来機の違い

アラジンの「グラファイト ミニグリラー」は、このシリーズでは初となるコンパクトなモデルです。この「グラファイト ミニグリラー」は、同シリーズの「グラファイト マジックグリラー」をコンパクトにした感じの製品ですが、両者にはいくつか異なるポイントがあります。
ホットプレート

abien MAGIC GRILL 2022年モデルと2021年モデルの違い

アビエンの薄型ホットプレート「マジックグリル」の2022年モデルは、従来モデルに比べて「温度設定が細かい」「蓄熱性が高い」といったメリットがあります。つまり2022年モデルはさらに進化した「マジックグリル」であるということです。
ホットプレート

アイリスオーヤマ PHP-C24WとPHP-1002TCの違い

アイリスオーヤマの「PHP-C24W」と「PHP-1002TC」は、オシャレな白いプレートで人気の2WAYホットプレートですが、「PHP-C24W」はたこ焼きプレート&平面プレート、「PHP-1002TC」はたこ焼きプレート&深鍋プレートという点が違います。また、「PHP-1002TC」の方は「火力の調節ができる」というところもポイントです。
ホットプレート

アイリスオーヤマ たこ焼き器 PTY-24とPTY-C24の違い

アイリスオーヤマの「PTY-24」と「PTY-C24」は、いずれも24穴でプレート着脱式のたこ焼き器です。この2機種では明らかにプレートの色が違いますが、その他にもいくつか違うところがあります。
ホットプレート

ブルーノ ホットプレート コンパクトとオーバルの違い

ブルーノの「コンパクトホットプレートBOE021」は、オシャレで可愛いホットプレートとして非常に人気がありますが、同じブルーノの「オーバルホットプレートBOE053」の人気も中々のものがあります。この「オーバルホットプレートBOE053」は...