電気ケトル

電気ケトル

BALMUDA The Pot 2022年モデル K07AとK02Aの違い

「BALMUDA The Pot」の2022年モデル「K07A」は、従来モデル「K02A」のマイナーチェンジモデルであり、印字カラーの変更と水量表示の変更が行われています。
電気ケトル

アイリスオーヤマ ICK-M1200とシロカ SK-M153の違い

2021年10月下旬、アイリスオーヤマから電気ケトルと鍋を一台にまとめた「クッキングケトル ICK-M1200」が発売されました! この「クッキングケトル ICK-M1200」は、お湯を沸かすだけでなく、鍋や煮込み料理なども作...
電気ケトル

シロカ おりょうりケトル SK-M251とSK-M153の違い

シロカ「おりょうりケトル ちょいなべ」のニューモデル「SK-M153」が登場しました。 これで「おりょうりケトル ちょいなべ」は、2019年に初めて発売された「SK-M151」、2020年に発売された「SK-M251」、そして...
電気ケトル

シロカ おりょうりケトル SK-M251とSK-M151の違い

シロカの「おりょうりケトル ちょいなべ」は、単にお湯を沸かすだけではなく、簡単な料理もサッと作れちゃう!という画期的な電気ケトル。 その初号機が2019年に発売された「SK-M151」ですが、この「SK-M151」のリニュ...
電気ケトル

山善 電気ケトル NEKM-C1280とYKG-C800の違い

2018年1月に発売された山善「YKG-C800」は、 1℃単位で温度調節ができる ドリップコーヒーに適した細口ノズル スタイリッシュなデザイン こうした特長で人気の電気ケトルですが、この「YKG-C800」の改良モ...
電気ケトル

カップ麺もドリップもOK!象印 電気ケトル CK-AX型の魅力

象印の新しい電気ケトル「CK-AX08」と「CK-AX10」が、2019年9月下旬に発売されます。 「CK-AX08」は容量0.8L、「CK-AX10」は容量1.0Lです。 この「CK-AX型」の最大の特徴は、注ぎ口...
電気ケトル

シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M151が楽しい!

私がまだ若かった頃、自宅にヤカンの無い友人がいました。 じゃあ、コーヒーなどを飲みたい時はどうするのか?というと、その友人は普通の片手鍋でお湯を沸かしていたわけです。 「ヤカンぐらい買えば?」と言うと、「そんなものわ...
2020.11.09
電気ケトル

Onlili 陶器電気ケトル ONL-K01の魅力と評判

現在市販されている電気ケトルは、プラスチック製かステンレス製に大別されますが、Onlili(オンリリ)の電気ケトル「ONL-K01」はそのどちらでもありません。 この「ONL-K01」は、まさかの陶器電気ケトルなんです。 ...
電気ケトル

タイガー 電気ケトル「わく子」PCF-G型とPCH-G型の違い

電気ケトルといえば、やはりティファールの製品が人気ですが、タイガーの電気ケトル「わく子」シリーズもそれに負けないくらいの人気があります。 ティファールではなくタイガーの製品を選ぶという理由には、 やはり日本メーカーの...
2022.06.05
電気ケトル

山善 YKG-C800とアプレシア エージー・プラス コントロールを比較

「飲みたい時に飲みたい分だけのお湯を沸かす」というのが電気ケトルの基本思想であり、電気ケトルには保温機能は必要ないというのがこれまでの常識でした。 そんな常識を覆した最初の製品と思われるのが、「T-Fal アプレシア エージー...
2018.12.09
タイトルとURLをコピーしました